日本地ビール協会のご案内
Japan Craft Beer association クラフトビア アソシエーション

  
日本地ビール協会(英文名 Japan Craft Beer Association)は、日本および世界のビール、地ビール(クラフトビア)の文化の普及と 振興及びビールが醸す人々との交歓を目的に1994年7月24日に発足しました。 小規模醸造が1994年に解禁され、日本に地ビールが誕生したのが1995年です。

ビールを分類すると、さまざまなビアスタイル (ビールの種類)があり、世界で80以上のビアスタイルがあると言われています。

そのビアスタイルを理解する「ビアテイスター」の普及と振興及び人々との交換をを目的とし、 日本のビールの品質向上を図り、消費者がビールの本当の魅力を知り、より楽しくビールを味わえるように、 当協会は次のような活動をしております。

主な活動内容
1.ビールとビアスタイルを理解する、ビアテイスタービアジャッジ、ビア・コーディネイターの育成・認定
第1回目の講習会は1995年の1月でした。現在資格取得者は6,000人を超えました。
2.日本および世界の地ビールに関する情報提供
フリーペーパー『地ビール王国』の発行(季刊・毎号30,000部)、  メールマガジン"I Love Beer" 通信(読者数4000人)配信。
3.ビールに関する講演
4.イベントの主催・共催・後援
ジャパン・ビア・フェスティバル(東京・大阪・横浜・名古屋)及び、グランビエールの主催
他、ビールイベントの共催と後援
5.審査会の主催
アジア&ジャパン・ビア・カップの主催
インターナショナル・ビア・コンペティションの主催
ビール品質保証制度UQアワードの主催
6.書籍
書籍「ビア・コンパニオン日本語版」の発行(マイケル/ジャクソン著・小田良司訳)
7.海外のビール教育機関や団体などとの提携
BIIA(英国ブルーイング協会)、AIBA(オーストラリア国際ビールアワード)、ヨーロピアン・ビア・スター(独)、ワールド・ビア・カップ、グレート・アメリカン・ビア・フェスティバルへの審査員の派遣
他、海外提携先:米国ブルワーズ協会(米)、シーベル醸造学研究所(米)、 ミュンヘン工科大学バイエルン州立ヴァイヘンシュテファン醸造研究所(TUM)(独)、ベルリン工科大学醸造調査研究所(VLB)(独)
8.企画運営   
特定非営利活動法人(NPO)日本ビアテイスター協会
会 長
小田良司(おだりょうじ)
日本地ビール協会会長
NPO日本ビアテイスター協会理事長
ワールド・ビア・カップ、ヨーロピアン・ビア・スター、グレート・アメリカン・ビア・フェスティバル、AIBA、他審査員
シュヴァリエ・ド・ロードル・デ・コート・ドシャンパーニュ名誉勲章受章
最高名誉顧問
村上満(むらかみみつる)

1934年生まれ。1959年東京大学農学部農芸化学科を卒業後、壽屋(現在のサントリー株式会社)に入社。
1961年ヨーロッパ出張を命じられ、これがその後の長いビアライゼ(
Bierreise=ビール飲み歩きの旅)の始まりとなった。そのまま1年間、ミュンヘンとコペンハーゲンにビール造りで留学。帰国の翌年に(1963年)サントリー社はビールを発売。以来ビール生産一筋。
1985年同社取締役・ビール生産・研究担当に就任し、同時に日中合弁の江蘇サントリー食品公司(ビール製造販売)の役員を兼務。またアメリカ、カナダ、オーストラリア、台湾で「生ビール製造」の技術指導を行う。常務取締役に就任し、顧問・技術監を経て2003年に退任。
一方、1998年以来、奈良女子大学を手始めに、関西学院大学、近畿大学、放送大学で「ビール造りの歴史と文化」を講義。現在は長崎県立大学経済学部で非常勤講師を務める。その間に、「ヨーロッパ・ビールツアー」のコーディネーター、地ビールの指導、新聞・雑誌への執筆、テレビ出演(NHK)と多忙な毎日を送る。

主な著書 :『なま樽博士の世界ビール紀行』1984年、『地球ビール紀行』1990年、
『ビール世界史紀行』2000年(いずれも東洋経済新報社)、『麦酒伝来―森鴎外とドイツビール』2006年(創元社)、ちくま文庫の『ビール世界史紀行』2010年(筑摩書房)。



入会のご案内

  
ビアテイスター、ビア・コーディネイターなどの呼称認定取得にあたっては、ご入会が要件となります。 個人の方のご入会にあたっては、次の3つの入会方法があります。年会費(協会運営費、資格維持管理費など)は入会月までを一年間とします。 セミナー、認定試験などの日程はこちら。 法人の方の入会のご案内はこちら
 
個人正会員
入会金20,000円 年会費18,000円
当会の趣意に参道し、認定資格を取得した後もビールの専門家としての知識と技術を高めていく意志のある方、 特にジャッジ以上の資格取得を目指される方を対象とします。
お申し出により、無料で当協会のメールアドレス(xxxxxx@beertaster.org)を利用できます。
  
研究会員
入会金10,000円 年会費12,000円   
認定資格の取得のみを目的とする方を対象に、1995年1月より設けた制度です。
正会員との名称、入会金・年会費等の額の違いは処遇の差を示すものではなく、正会員と研究会員に処遇の差はありません。 ただし、当会メールアドレスは利用できません。
  
  

HOME